塾長 服部智仁

高校時代 数学と物理が得意な学生でした。 高1の9月から高2の5月まで海外へ単身留学。 その後、アメリカ代表として国際数学、ドイツ代表として国際物理それぞれのオリンピックに出場。 数学は金、物理は銅を獲得。 化学がとても苦手で、高3生の夏休みに克服。 社会はどれだけ勉強しても頭に入らなく暗記が苦手でした。
2000 年 鈴鹿高校Ⅲ類 卒業
名古屋大学 工学部 入学
2002 年 スタンフォード大学 理工学部 留学
理学部合同研究において素粒子研究機構の助手を担当。
2003 年 スタンフォード大学 理工学部 卒業
2004 年 名古屋大学 工学部 卒業

指導するとき大切にしていることは何ですか?

「確かな理解で本物の力を伸ばす」事に力を入れて指導しています。


僕自身も高校受験までは暗記でした。

しかし、それでは結局忘れてしまう。

だったら「暗記を捨ててしまおう」と考えました。

最初は不安だらけで自信はありませんでしたが、「?」が「!」になる瞬間が多くとても勉強に面白みを感じました。

それを生徒に伝える事に全力を注いでいます。

講師を始めたきっかけをおしえてください。

学生時代、個別指導の塾で塾講師のアルバイトをしていました。

卒業後、会社員を3年程していましたが、塾で指導していた生徒の一部に家庭教師を依頼され個人的に家庭教師をしていました。

生徒達の志望校合格に奮闘している中、その生活に充実感を憶える自分がいて、「自分は教育者として努めていきたい」と思いました。

塾を開業したのも生徒の保護者様の御意見があったからです。

「先生の知識をもっと広めてほしい」と言う願いを叶える為、僕はSTUDYSTUDIOで講師をしていこうと思います。

ズバリ難関大学に合格するために、必要なものは何ですか?

僕はよく「出来るか出来ないかではない、やるかやらないか」と言っています。

まさにその通りだと思っています。

申し訳ありませんが、僕には学力を上げる力はありません。

学力は生徒自身があげるものだからです。

僕はそのきっかけを作る事が出来るだけです。


”学力”は気持ちが重要だと思っています。

「諦めない気持ち」「妥協しない気持ち」「感謝する気持ち」。

この3つが生徒に自信を持たせ、そこに僕がスパイスを加える事で化学反応が起こる。

その連鎖により今まで手が届かなかった難関大学も合格出来ると自負しています。